読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

果てしない空を見上げて

やすいくんのオタクをする学生の日常

同じゼミとサークルで恋に落ちたいJr.大賞

まだ続くかこのシリーズw

個人的に大学行ってるジュニアは逃げ道作ってるとか言われてる人多い気がするけど、私は両立しようとしてる努力が好き!卒業することに意味がある!通うことに意味がある!前置きがいつも長くなるから早く行こう!


ところで他の学校ってゼミはどうなってんのかな?うちのところは
・他学年交流なし
・だいたいは希望のゼミに所属できる
(面談とかテストとかない)
・ゼミ長とか役職なし
・3年と4年は同じゼミに所属で卒論
・4年はほぼ出席なし
みたいな感じなんだけど周りの学校聞くと結構厳しかったりしてそうで大変そう。とりあえず私のイメージでいきまーす!


同期編
萩谷慧悟
同じゼミで同い年のさらにサークルまで一緒の萩谷くんに恋したい
グループワークで私がヘマした時にめっちゃ助けてくれてお礼したい、って言ったら『学食奢って』って言われて初2人ランチは学食にしたいし、なんなら毎週水曜のゼミ後は2人で学食ランチすることが暗黙の了解となっていたい
たまに2つ上のサークルの先輩、安井先輩に誘われて外にお昼食べに行くけど謎についてくる萩ちゃん

1年の時は全然授業被らないしサークルも全然顔出さなくて2年生の時に初めて一緒になって他の授業もちょいちょい被って前期のうちあげ飲み会の時にまだ未成年なので飲めない萩ちゃんとめっちゃプライベート踏み入ったこととか聞きたい。趣味がダイビングってのもやばいしドラムもできるしコーヒー利きもできるし、なんで彼女できないのー?
ってべろんべろんになりながら聞こう

『好きな子には振り向いてもらえないの』
「好きな子いるのー?」
『いるよ、でも全然気付いてもらえないし、すぐ男の先輩とのご飯とかにひょこひょこ付いてっちゃうような人、だから俺とご飯行ってもなんとも思ってないんだよね』
って明後日の方向見ながら言われたいっスね(岸くん風)
そろそろお開きになる頃に起こされて酔いも覚めて来てタクシーにぶっ込まれそうになるんだけど1人にされるの嫌だから同じ方面の北斗くんに帰ろうって話してたら萩ちゃんがいきなり来て『俺送るよ』って言われたいし北斗くんも北斗くんで『あいつ…(笑)』
みたいにボソって言っててほしい

最初駅まで送ってもらってやっぱ危ないからって一人暮らしのマンションの1階まで送ってもらうけど、まだ話したいし寂しいって言ったら『じゃあカフェ入ろう』って近くのカフェとか探すんだけどどこもやってないからまた今度ね、って帰ろうとしてる萩ちゃんを「うちでコーヒーか紅茶飲まない?」って引き止めよう
『酔っ払ってる一人暮らしの女の子に入る趣味ない』
「酔っ払ってないもん、こないだ新しいコーヒー買ったの」
『ほんとダメ、勝手に知らない男の人あげるのよくないよ』
「知ってる人だもん、萩ちゃんだもん、30分だけ、寂しいの」
『……30分だけな、俺終電なくなるし』
って言われて終電なくさせたい!!!!(笑)
そんで結局次の日の朝告白されたいよね
『家に勝手に男あげちゃダメだから』
「萩ちゃんしかあげないもん」
『ほんとかわいいからダメ』
って言われたい。好きだわはぎちゃん。

先輩編
安井謙太郎
サークルの二個上の安井くんに恋に落ちた
半年しか一緒に活動する期間なくてあんまり飲みに行けなかったけど、OBとして来てくれる時に毎回顔だしてほしい!飲みサーの違うテーブルで飲んでていい感じに酔った安井先輩を泊めたい。
元々私の家が飲みサーの二次会の溜まり場って感じでそういうノリで泊めたいし、そっからしょっちゅう宅飲みサシ飲み重ねてあわよくば告白されて半同棲生活開始したい。

『ねえーこれここに置いて行っていい?』
「えー持って帰ってよね、先輩の荷物でしょ」

『ねえ!今日も泊まっていい?』
「なんで、今日休みでしょ帰ってよ(笑)」
『好きだから。一緒に暮らそ』
ってさらっと言われてシンダ。
最近気づいたんだけどさらっと言われる
告白に堕ちやすいんだよね、


ちなみに友達と話した設定から引用しました。
安井くんと暮らして買い物行きたいわ。

次のサークル飲みで一女にチヤホヤされてる安井くん見て 今日は泊めてあげないから💢って嫉妬したい(笑)
『ねえほんとごめん』
『でもお前も美勇人と回し飲みしてたじゃん』
「だって美勇人隣だったんだもん、、」
『幼馴染の美勇人だからってダメだから』
「じゃあ謙ちゃんが隣来てくれればよかったのに」
『…そうだね…今度からそうする…ほんとごめん』
って言われて抱きしめられたーい!!!!


後輩編
阿部顕嵐

あんま年下に恋に落ちたことがないからわからない!年下に恋したのなんて顕嵐ちゃんが最初で最後!(笑)

ムダにおごりたいしムダにいつメンに紹介したくなる飲みサーの後輩。

「あんた、今日朝から男連れてたけどあのイケメン新しい彼氏なの?」
「あれ彼氏じゃないよ〜後輩。昨日の夜本命の先輩にご飯断られたとか言ってうち転がり込んできたんだよね〜」

なにその君ぺ的な感じ!!
最高!!ヒモみしかない!!!
そのノリでだんだん私に本気になってほしい()

昼は学食で飢えてる顕嵐くんにうどんご馳走してあげたい

ちなみに外では先輩って呼んでほしいけど
家とか2人の時は〇〇ちゃんって呼んでほしい←

顕嵐くんと付き合ってることは誰にも言わないでおきたいけど3ヶ月くらい家に居座ったら匂わせたいwww

『せんぱ〜〜い、俺朝からなんにも食べてないの〜』
「朝早くおきない奴が悪い、私パン食べれたもん」
『先輩が起こしてくれなかったからじゃん』
「知らない、もうそんなやつはうちに置かないよ」
美勇人『え!おまえらなに付き合ってんの?!』
「転がり込んできてるだけ、居候」

って否定してるけどその日の3限あとに正門前で待ち合わせして、カフェに入っていくとこをながつとモロに見つかって、さらにカフェから出るところを顕嵐の同期うみくんに見つかって、次の日問いただされたい

ちなみに顕嵐くんはちょっとクールなタイプで学年女子からもモテモテだし、休み時間や授業後も女の子からお誘いが絶えないし、顕嵐くんもニコニコしながら話してるけど、私はそれを横目に嫉妬してさっさと教室出るから追ってきてほしい。
『まって』
「なんで?まだ話してるんでしょ、先帰るね」
『やだ、一緒に帰るって約束したもん』
『みんなごめんね!俺今日は彼女と約束あって!』

とか言ってたら最高
キラキラキララ〜〜!!

帰り道に 嫉妬したんでしょ?とか言われたい
年上キラー顕嵐くんでした